So-net無料ブログ作成
検索選択

集中治療専門医試験も終わって [医療・麻酔]

この週末は締め切りを過ぎてしまった書き仕事を片付けてます。
ひさびさにまとまった時間がとれたので,意外に捗りました。

そういえば,先週の日曜日は集中治療専門医認定試験でした。
1週間前のことなのに,だいぶ前のように感じます。

試験はこんなスケジュールで行われました
9時15分 受付開始,開場
9時50分 着席
10時00分 試験開始
12時30分 試験終了

試験会場は東京都文京区の日本医科大学です。
試験はマークシートで100問。100問を150分で解くということですね。
だから1問につき1分30秒ということ。
マークシートなのでHBの鉛筆とプラスチック消しゴムがいります。
最近受けた試験はみなCBT(computer-based testing)だったので,懐かしい感じがしました。
でも答えを間違えるとやや面倒です。隣のマークまで消えちゃったりして。
意外なところでCBTのありがたみを感じたのでした。

さて,肝腎の試験は…
試験開始直前に試験監督の先生が
「試験はとても難しいので、最初10問ぐらいで心が折れます」(というような内容…)
「試験が始まったら私の言ったことがわかります。」
「でも100問ありますから,得意分野の問題が必ずあるので集中力を切らさず最後まで頑張って下さい」
その言葉に偽りはありませんでした…(涙)
まあ過去問をやってるので,難しい事はわかっているわけで。
さらに試験前に念押しするなんて,どんだけ難しいんだよって…。
そんなわけで,試験の手応えはかなり微妙…

最後に「へんな問題は除外しますから大丈夫です」って。
そういう問題はあらかじめ除外しておいてくださいぃ〜。

結果は2週間後。どうなることやら…。

ところで,後輩たちからPTeXAMに合格したと連絡がちらほら来ました。
おめでとう。
うらやましい〜。

さ,仕事しよ。

9月8日追記
何とか合格できました。
落ちなくて本当に良かったです…。
ふう。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0