So-net無料ブログ作成

ハードディスクの廃棄 [Macintosh]

病院も休みに入り,緊急の症例も出尽くしたところでホッと一息といったところ。
時間ができたので,引き出しの中に眠っているハードディスク達を処分することにしました。
一応中身を確かめて,ディスクユーティリティのセキリュティの高いオプションを使って消去してから,そのまま燃えないゴミに出そうと思っていたのですが,ここで問題が発生しました。

一つのハードディスクは内容をちゃんと消去することができたものの,残りの4つのハードディスクは,もともと壊れてしまった1.2TBの外付けハードディスクから取り出したものでカートリッジ式でした。アダプターを取り付けてUSBでPCに接続する形式なのですが,肝心なアダプターの電源コードが見当たりません。おそらくは昨年の大掃除で捨ててしまったのでしょう。
ということで内容を確かめることもできないですし,初期化することもできなくなってしまいました。

仕方がないので,ハードディスクをバラしてプラッターを物理的に破壊することにしました。
カートリッジのケースからハードディスクを取り出し,トルクスドライバーでネジを外して分解。
ひとつめのハードディスクの分解は最後の1本のネジの場所がわからず少し苦労しましたが,わかってしまえばあとはそんなに時間はかかりません。

HD_bunkai_1.jpg

5分ぐらいでここまで分解できます。
あとは3枚のプラッターを折り曲げてしまえば,まあ大丈夫でしょう。
中身を確かめられなかったので多少不安はありますが,この数年間まったく使っていませんから,まあ良いだろうと考え,ペンチをつかって容赦なく折り曲げてしまいます。
このハードディスクは300GBなのでプラッター1枚当たり100Gということになります。

HD_bunkai_2.jpg

業者の破壊サービスを頼むとそれなりの値段がするようなので,自分でできて良かったかなと。
ディスクユーティリティなどのソフトウェアで確実に消去ということになると時間もかかるので,ハードディスクを廃棄するときには物理的に破壊するというのも一つの手なのかもしれません。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。