So-net無料ブログ作成
検索選択

iPadとMacBook Air [iPad]

MacBook Airを本格的に使い始めた。
iPadとMacBook Airの両方を持ち歩いている。
MacBook Proを持って行こうか迷うこともなくなった。
そして、ずいぶんとバックパックも軽くなった。

さて,MacBook AirとiPadをどう使い分けるか…。

iPadを半年使ってみて到達したのは,“MacはMac,iPadはiPad”という
ごく当たり前の結論だった。

情報をブラウズするという点ではiPadは非常に便利である。
情報が欲しいと思ったその時に素早く立ち上がり、push情報、pull情報を楽に得ることができる。
実際、私もメールやウェブ、RSSリードをPCで読むことはほとんどなくなっている。
しかし、その一方で何かを作る、作り込んでいくということについてはiPadはやや力不足と言わざるを得ない。例えば,iPadのなかで何かを参照しながら作業するのも難しい。
もちろん種々のアプリケーションでiPadの機能を補うことはできる。
でも作業効率はPC上と比べたら落ちる。

MacBook Airの最大の特徴は、やはりMac OSが動くという事ではないだろうか。
そこが譲れなかったために重いMacBook Proを持ち歩いていたのである。
軽く、薄く、小さいというだけでなく、Mac OSが動いてちゃんと作業ができること。
この点ではMacBook AirとiPadが競合することはない。

ドラッカーではないけれど、iPadで「すること」「しないこと」をわきまえて、
いたずらにiPadの弱みを埋めようとせず、強みをより活かすような使い方をした方が
良いのではないかと考えている。
ということで,自分へのインプットはiPad,自分からのアウトプットはMacBook Airというのが,
今の私の使い分け方である。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。