So-net無料ブログ作成

やるべきことが見えてくる 研究者の仕事術 [オススメ]

ポチポチシリーズ第3弾です。
研究留学ネットWhat's newで紹介されていた
「やるべきことが見えてくる 研究者の仕事術」を週末に読んでみました。
プロフェッショナルの研究者として,どのように「うまく」仕事を進めることができるようになるか,そしていかに成長していくかということが,様々な角度から書かれています。

著者の島岡先生は研究者として仕事をすべき原則として
以下の10のステップを挙げています。
1 興味を持てる得意分野を発見する
2 最初は自分で学ぶ
3 師匠をもつ
4 現場で恥をかく
5 失敗を恐れつつも,果敢に挑戦する
6 自分の世界で一番になり成功体験を得る
7 研究者としての自信をつける
8 井の中の蛙であったことに気付き,打ちのめされる
9 すべてを知ることはできないことを理解する
10 それでも,自分の新しい見識を常に世に問うていく

私はいわゆる研究者ではありませんが,自分がプロフェッショナルとして,いかにいい仕事を効率よく行い,いかに成長していくかということは,とても重要なことだと考えています。しかし,具体的にどう考え,どう行動するかということは,なかなかわかりません。この本は"How to"ものでなないのですけれど,私のような臨床医にも役立つ内容でした。
「研究者がプロフェッショナル/エキスパートをめざす過程では,仕事の最大の報酬とは人間的成長なのです。成長に伴いより大きな仕事に取り組むチャンスが巡ってくるので,決して楽になることはありません。楽しいことも増えますが,同時に苦しいことも増えるのです。これがプロフェッショナル/エキスパートとして働き・生きることの醍醐味なのです。」(前書きより)

この一節を読んで,"Stay hungry, stay foolish."という言葉を思い出しました。

とりあえず,この本のなかでも勧められていて,買ったまま「積ん読」になっている「7つの習慣」を読んでみようかと…。
もちろん,他にもポチッとやってしまいました…。これが「ポチッ」の連鎖…
月もかわったことですし…ま,いいっか(爆)

やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論

やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論

  • 作者: 島岡 要
  • 出版社/メーカー: 羊土社
  • 発売日: 2009/08
  • メディア: 単行本


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。