So-net無料ブログ作成
検索選択

MicroMaxxからのAVI [TEE]

SonoSiteから出ているMicroMaxxはコンパクトフラッシュに動画を記録し,それを専用のソフトでAVIファイルに書き出すことが出来ます。しかしMacintoshのQuickTimeではデフォルトの状態ではみることができません。白い画面になってしまいます。

そこで,これまではAVIファイルをDivX Doctor IIでMOVファイルに変換し,さらに3ivx D4 4.5.1 for OS X,MS-MPEG4v1 for Mac OS XをQuickTimeのコンポーネントに加えることで,QuickTimeで再生できるようにしていました。

ところが,MacBook Proに乗り換えたところ,このMOVファイルが再生できなくなってしまいました。
必要なコンポーネントは加えたはずだったのですが・・・。QuickTimeで再生できないと,Keynoteに埋め込んだ動画が動かなくなってしまうのです。おそらくintel macに対応してないんですよね。MS-MPEG4v1はさすがに厳しいんでしょうか。
するとMicroMaxxの動画が使えない・・・。

しかし,Pericanというコンポーネントを見つけました。これだともとのAVIファイルがQuickTimeで再生できますし,Keynoteに読み込んでも大丈夫です。
動画を差し替えなければならないですが,とりあえずほっとしました。

でもできれば,他のエンコードで書き出せるようにして欲しいな・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0